SARU旅 第一弾!熱き職人魂への出会いと富里での再会?

先日、茨城県神栖市波崎の越田商店さん、千葉県銚子市の一山さん、千葉県富里のメルカートさんの元へ勉強に行きました!

◆越田商店さん◆

越田商店さんは SARUの開業店である白金店が開業して直ぐに出会ってからのお付き合い!
48年守ってきた漬け汁に漬けて干した干物は素晴らしい美味しさ。

koshita_005

魚の脂が落ち、ただ塩水を足し続けた漬け汁はまさに日本の伝統、発酵の妙。
越田さんは魚も一級品の魚にこだわり「本物の」干物作りをされています。

koshita_004

スタッフ一同、越田さんの職人魂に触れ大いに学ばせていただきました!
お店では、

「幻の一夜干し、鯖のリエット」
「一夜干し鯖のペッパーソテー、赤ワインソース」

の2皿ご用意していますが、この夏新たにヤリイカの干物のメニューを考案中です!

◆銚子一山さん◆

銚子一山さんももう長いお付き合いの魚問屋です。越田商店さんの干物の一部のお魚は一山さんが提供されています。
一本釣りで釣り上げた一級品の魚を魔法のいけすに入れるとあら不思議。すっかりデトックスされた魚は活き活きとした状態で出荷されます。

itiyama_004
itiyama_003
また九十九里近海で上がるハマグリは犯罪もんの美味しさ。

お店では現在、

「銚子ヤリイカのフリット、ロメスコソース」

をお出ししていますが、
この夏、

ヒラメのスパイス締めカルパチョ、
二日酔い防止に!ハマグリのハーブスープ

をご提供するべく目下準備中です。

◆銚子一山さん◆

最後に富里のメルカートさんへ再会?というのは自由が丘のお店の横のビルの八百屋さんの自社農場へ行ってきました!
平日は畑で作業され、週末は自由が丘のお店に立たれるスタッフの飯田さんといつもは自由が丘で会っていますが、今回は富里で再会!

meruka-to_001
meruka-to_002

日常的にたくさん使う葉物野菜は身がぎっしり。皆様にサラダでお楽しみいただきます。
また6月下旬からビーツが採れ始めますが、ビーツを使ったプリン・・・これは驚きますよ!

meruka-to_003

地方からお店に戻り、皆様にうまいもんを楽しんでいただけるよう心機一転頑張ります!